日本華僑華人学会 会則


2003年 3月29日制定
2003年11月22日改定
2004年11月27日改定
2005年11月26日改定
2006年11月18日改定
2007年11月17日改定
2013年 4月 1日改定
2016年11月5日改定


第1条(名称)
 本会は日本華僑華人学会と称する。英語名はThe Japan Society for the Studies of Chinese Overseas とする。

第2条(目的)
本会は、会員相互の研究交流を深め、日本の華僑華人学をいっそう発展させるとともに、その成果を広く社会全体に伝えることを目的とする。

第3条(事業) 
1 総会、研究大会、例会、その他の会合の開催
2 会誌「華僑華人研究」、その他の刊行物の発行
3 その他目的を達成するために必要な事業

第4条(会員) 
1 会員は一般会員、学生・優待会員、賛助会員の3種類とする。学生・優待会員は、常勤の勤務先を有しない者、学部学生、大学院生、研究生、海外在住の者である。学生・優待会員の資格については、当該年度の4月時点での自己申告制とする。
2 入退会を希望するものは理事会の承認を得るものとする。
3 会員が次の各号に該当する場合は、理事会は議決をもって除名することができる。
  (1)会費を2年以上滞納した場合
  (2)本会の名誉を傷つける行為があった場合

第5条(年会費) 
1 一般会員8000円、学生・優待会員3000円、賛助会員10000円(1口)以上とする
2 年度途中に入会した会員の会費は、入会時期を問わず年会費を徴収するものとし、会員の特典を可能な限りその年度の4月に遡って適用する。

第6条(組織)  
1 理事     10名前後(会全体の運営を行う。うち1名を常務理事とし、常務理事は日常業務の処理にあたる。)
2 会長     1名(会を代表する)
3 副会長    1名(会長を補佐し、会長に事故あるときは、その代理をつとめる)
4 監事     2名(会の会計および会務の執行を監査する)
5 顧問     若干名(本会の運営について助言する)
6 事務局    常務理事の下におく

第7条(役員)    
1 理事と監事は会員中から選出し、総会において承認を受ける。
2 会長は理事会において選出する。
3 顧問は理事会において選出する。
4 役員の任期は2年とする。

第8条(総会)   
1 総会は、その年度の研究大会で行う。
2 総会における決定は、出席者の2分の1を超える(白票を除く)賛成が必要である。

第9条(会計)
1 本会の経費は,会費,寄附金その他の諸収入による。
2 本会の会計年度は毎年10月1日に始まり,翌年9月30日に終わる。

第10条(名誉会員) 
学会に対して多大な功績のあった者については、理事会の決議に基づきこれを推薦し、総会の議決により名誉会員とする。

第11条(会則の改廃) 
会則の改廃は、総会がこれを行う。

附則(発効)
本会則は2016年11月5日より発効するものとする。