日本華僑華人学会

Yahoo! JAPAN



2016年  2015年      2014年      2013年      2012年      2011年以前


会員の刊行物申請書式はこちらからダウンロードできます会員刊行物申請
   
2017/04/26
2017年度研究奨励賞(単行本部門)候補作推薦のお願い 
2017/06/02 2017年世界海外華人研究学会(ISSCO)長崎大会、2017年度日本華僑華人学会(JSSCO)研究大会について




  ■2017年度日本華僑華人学会研究奨励賞(単行本部門)候補作推薦のお願い■

 日本華僑華人学会は、日本における若手研究者による華僑華人研究のよりいっそうの促進を図るために、以下のように、日本華僑華人学会研究奨励賞を設けています。  

 1.若手の本会会員の研究成果の中から、毎年優秀な著作(単著に限る)を原則として1 点選び、日本華僑華人学会研究奨励賞を授与する。 

 2.偶数年度は選考年度の前2年度に公刊された論文(雑誌論文、共著作の中の単著論文、刊行時に満40歳未満の会員の著作)を、奇数年度は同様に前2年度に公刊された単行本(刊行時に満45歳未満の会員の単著)を対象とする。2017年度においては、2015年度と2016年度(201541日より2017331日)に公刊された単行本が選考対象となる。 

 3.日本華僑華人学会研究奨励賞に選考された著作の著者を年次大会で表彰し、表彰状と副賞(5万円)を授与し、作品名・要旨を本会会誌及び学会ホームページに掲載する。 

 4.日本華僑華人学会研究奨励賞は、理事会内に設ける日本華僑華人学会研究奨励賞選考委員会が、自薦及び他薦に基づいて候補作品を選び、理事会において決定する。ただし、『華僑華人研究』に掲載された論文については、刊行時に40歳未満のものは、自動的に審査に付される。 

 5.一度受賞した会員は、再度同じ部門(論文で受賞した場合は論文部門、単行本で受賞した場合は単行本部門)では受賞の対象にはならない。論文で受賞した著者が単行本で、あるいは単行本で受賞した著者が論文で応募することは可とする。但し、単行本で受賞した後応募する論文が、単行本の内容の一部である場合は対象外とする。  

 つきましては、下記の通り、本会会員の皆様から2017年度の研究奨励賞候補作品の推薦を受け付けます。
 

 

                    記 

  1.推薦対象の著作 

 20154 1 日から20173 31 日までに発行(奥付けによる)された本会会員の単行本とする。なお、応募資格があるのは、2016年度の年会費を納入済みの会員とする。公刊時に満45歳未満の会員による著作であることが条件である。本学会以外で既に受賞した作品、あるいは現在応募中の作品であっても、応募可能。
 
 

 2.推薦の方法 

 他薦または自薦  

 3.推薦に必要な提出物の内容 

ア)2017年度日本華僑華人学会研究奨励賞応募申請書自薦用または他薦用1
               (書式ダウンロード 自薦用 他薦用))

イ)応募著作 1部(ただし、他薦の場合は必ずしも送付の必要なし)

  4.提出物の送付先 

102-8160 東京都千代田区富士見2-17-1 

法政大学国際文化学部 曽士才研究室気付 

日本華僑華人学会研究奨励賞選考委員会 

soshisai@hosei.ac.jp   

 送付後、2週間以内に返信のメールをする。万が一、届かない場合は問いあわせてください。

応募著作を提出後、選考委員の間で、手持ちがあるかどうか確認し、持っていない委員がいる場合には、著者に連絡するので、必要部数を指定された宛先に送付されたい(ハードコピーでも可)。提出物は原則として返却しない。ただし、単行本は、原則として学会が定価の8掛けで購入する。 

  5.提出物の提出締切 

2017 630 日(金)消印有効  

 6.選考結果の通知・授賞式 

 選考の結果、授賞対象者に決定した者には、10月初旬頃に結果を通知する。授賞式は、1117日開催の日本華僑華人学会の総会(長崎大学)にて執り行うので、ご出席いただきたい。  

201748日 研究奨励賞選考委員会  

     (文責:曽 士才 研究奨励賞選考委員会委員長)

 

トップへ戻る

 2017年世界海外華人研究学会(ISSCO)長崎大会、2017年度日本華僑華人学会(JSSCO)研究大会について


世界海外華人研究学会(ISSCO2017年長崎国際会議、並びに2017 年度日本華僑華人学会研究大会は、ISSCO、長崎大学、日本華僑華人学会(JSSCO)、中国華僑華人歴史研究所の共催により、201711月に長崎大学で開催いたします。 

開催概要

(1) 日程: 2017 11 17 日(金)~1120日(月)

 

(2) 会場: 長崎大学文教キャンパス 環境科学部棟・グローバル教育棟

(〒852-8521 長崎市文教町1-14

交通・キャンパスへのアクセスは下記をご参照ください。

http://www.nagasaki-u.ac.jp/ja/access/bunkyo/index.html

 

(3) プログラム概要

 1117日(金)

  14:30-16:30 JSSCO理事会(長崎大学文教キャンバス 総合教育研究棟3階)

  16;45-17:30 JSSCO総会(同上。なお総会会場前でも大会受付を致します)

  18:00-20:00 ISSCO海外理事会(未定)

  参加者は各ホテルにて受付

 

 1118日(土)

 9:00-9:30 大会の開会式

来賓挨拶

 9:30-10:4 基調講演

濱下武志(静岡県立大学グローバル地域センター 副センター長特任教授)

「アジア・太平洋海域の中の長崎と九州」(英語)

王連茂(泉州海上交通史博物館 元館長)

 「長崎と中国との歴史交流について」(中国語)

(写真撮影)

11:00-11:10

ISSCO25周年、長崎・福建省協定35周年記念行事(特別シンポジウム)

記念挨拶

陳志明(ISSCO会長)(英語)

張秀明(中国歴史華僑華人研究所副所長)(中国語)

11:10-12:40

特別シンポジウム 日本華僑の発祥地長崎から(日本語)

陳東華(長崎中国交流史協会 会長、福建会館 理事長)

 「近代における長崎華商のネットワーク」

陳優継(四海楼 社長、長崎孔子廟・中国歴史博物館 理事長)

 「長崎華僑社会の歴史と現状」

林敏幸(会楽園支配人、長崎ランタンフェスティバル企画幹事会 幹事長)

 「地域と一体化した長崎華僑」

12:50-13:50 昼食(弁当)

14:00-18:30 研究発表・分科会(発表15 分、質疑応答5 分)

19:30-21:30 懇親会(にっしょうかん 予定)

ISSCO25周年記念スピーチ

武(ISSCO初代会長、シンガポール国立大学東アジア研究所 主任教授)

 

11 19日(日)

 9:00-13:00  研究発表・分科会(発表15 分、質疑応答5 分)

13:10-14:20 昼食(弁当)

14:30-18:30 研究発表・分科会(発表15 分、質疑応答5 分)

19:00-21:00 さよならパーティー(クラウンプラザ長崎グラバーヒル)

 

 1120日(月)

  エクスカーション(参加希望者のみ、実費負担)

  エクスカーションの詳細については会議のウェブサイトをご参照ください。

  http://issco2017.com/

 

(4) 登録

(4-1) 登録料

  一般 25,000円(41日~630) 30,000円(71日~815日)     

  学生 20,000円(41日~815日) 

  登録料には昼食2回、夕食2回(1118日・19日)の食事代などが含まれます。

 

(4-2) 登録方法

  オンライン+クレジットカード支払い

  次のサイトから登録してください。 http://issco2017.com/

 

(4-3) ホテル

 11月の長崎は観光シーズンでもあり、ホテルの予約が大変難しくなっております。ISSCO長崎事務局がいくつかのホテルを確保しております。そのホテルについては会議のウェブサイト上で予約および決済することができます。なお、ISSCO長崎事務局は学生用の安価の宿泊施設も用意しております(先着順)。ホテルなどの詳細については会議のウェブサイトでご確認いただけます。

ISSCO2017長崎についての各種情報は、以下のサイトにございます。 http://issco2017.com/

 

(文責: 王維 ISSCOJSSCO大会実行委員長)

 

トップへ戻る



ホームページ管理者からのお願い
 
 本ホームページでは、会員の皆様に役立つさまざまな情報を掲載していきたいと考えています。
 例えば、会員の皆様が最近発表された著作や論文、自らのホームページの紹介、所属の変更、集会・イベントの開催など、さまざまな情報を管理者koho.jssco[a]gmail.comまでお知らせください。([a]を@に換えてください)

 


  【日本華僑華人学会 事務局】

2016年1月より下記へ移動しました。

〒153-8902 東京都目黒区駒場3-8-1

東京大学 文化人類学研究室 津田浩司研究室内

 日本華僑華人学会事務局

jssco.ga[a]gmail.com
([a]を@に換えてください)