日本華僑華人学会

Yahoo! JAPAN



2015年      2014年      2013年      2012年      2011年以前


2014/11/13 2014年度日本華僑華人学会研究大会 第2回サーキュラーを掲載しました。
2014/10/16 学部生報告交流会企画のお知らせを掲載しました。
2014/09/30 2014年度 日本華僑華人学会研究奨励賞の受賞者が決定されました。
2014/08/16 黄檗(おうばく)山萬福寺における京都普度勝会見学会の開催についてを掲載しました。
2014/08/07 2014年度日本華僑華人学会研究大会 第1回サーキュラーを掲載しました。
2014/04/30 2014年度日本華僑華人学会研究奨励賞(論文部門)候補作推薦のお願いを掲載しました。
2014/04/29 日本華僑華人学会の役員組織ページを更新しました。


■2014年度日本華僑華人学会研究大会 第2回サーキュラー■

1.日程・会場

日程:  2014年11月29日(土)・30日(日)

会場:  早稲田大学早稲田キャンパス 3号館4階 (東京都新宿区戸塚町 1-104)
          交通アクセスはこちらをご参照ください。
          HPのキャンパスマップ上「工事中」と書かれた建物が「3号館」です。
          (なお、工事は完了し、現在は利用が開始されております)。

※懇親会場は、20号館「大隈会館」2階の201・202室で行います。
※宿舎は各自にてご手配ください。
※大会2日目は日曜日ですが、早稲田キャンパス近隣のレストランなどはいくつか開店しているところもあります。その情報は大会当日の配付資料内に含ませていただく予定です。


2.プログラム

第一日目: 11月29日(土)
10:00-12:00 理事会(3号館8階810室)
12:30 受付開始(早稲田大学 3号館4階401室前)
  総合司会:陳天璽
13:00-13:05 開会挨拶
  曽士才(法政大学)
13:05-17:35 開催校企画:(早稲田大学 3号館4階401室)
  タイトル:  華人とは何か?華人3世、2世、1.5世の語りから見る在日華人意識の変容
  趣旨:  日本でくらす華人の3世・2世・1.5世をパネリストとして招き、それぞれの「華人意識」について語っていただく。華人は、「華人」というひとつの言葉ではひとくくりにできないような多様性をもっていることは学界ではもはや常識といってよく、たとえば、日本において、世代という観点からみると、戦前から来日した世帯では3世・4世が社会の中枢を担う世代になる一方で、1980年代以降に来日した世帯ではあらたに若い1.5世や2世があらわれており、1世・2世・3世と世代が下るごとに年齢が若いとは必ずしも限らない状況となっている。 こうした現状をふまえ、世代ごとの「華人」意識やエスニック・コミュニティ、エスニック教育、そして、エスニック資源の変容をあらためて捉えなおしたい。
  司会:  楊立明(早稲田大学)
  パネリスト:  陳來幸(兵庫県立大学)、陳天璽(早稲田大学)、横山和江(写真家)、小川堯洋(朝日新聞)、吉永百慧(早稲田大学国際教養学部)
  コメンテーター:  杉村美紀(上智大学)、山本須美子(東洋大学)、佐々木てる(青森大学)
17:45-18:30 会員総会
18:40 受付閉鎖
19:00-21:00 懇親会(大隈会館 2階201・202室)

第二日目: 11月30日(日)
10:00-12:00 自由研究報告Ⅰ・Ⅱ
  自由研究報告Ⅰ 司会:  王雪萍(東洋大学)(早稲田大学 3号館4階401室)
    鶴園裕基(早稲田大学大学院) 「戦後入管体制下における在日台僑の在留資格問題―国府外交部の対日交渉過程(1965-1972)からの検討―」
松野友美(筑波大学大学院) 「南京国民政府の地域統合の試みとシンガポール福建人―厦門僑務局設立(1934)後の移民運送事業に着目して―」
劉雯(兵庫県立大学大学院) 「日本における華人プロテスタント教会の設立と交錯するネットワーク-アメリカ南長老教会宣教師が関係した大阪と神戸の教会を例に―」
  自由研究報告Ⅱ 司会:  三尾裕子(東京外国語大学)(早稲田大学 3号館4階402室)
    横田祥子(滋賀県立大学) 「商業的国際結婚の戦略―インドネシア西カリマンタン州シンカワン市一帯の事例から―」
徐輝(大東文化大学大学院) 「日本から母国に帰った元留学の生活実態に関する一考察―インタビューを中心に―」
中谷潤子(大阪産業大学) 「若手インドネシア華人のアイデンティティ変容―時代と世代に注目して―」
13:00-16:00 分科会企画 (早稲田大学 3号館4階401室)
  タイトル:  「潮州人」エスニシティの形成と潮州善堂文化
  報告者:  志賀市子(茨城キリスト教大学) 「分科会趣旨説明:『潮州人』エスニシティの歴史的形成と潮州善堂文化」
芹澤知広(奈良大学) 「ベトナムにおける潮州善堂文化の現在」
黄蘊(関西学院大学) 「マレーシアとシンガポールの潮州系善堂における葬儀(経楽)サービスとネットワーク」
玉置充子(拓殖大学) 「タイの潮州系華人団体における儀礼の継承と展開」
石高真吾(大阪大学) 「タイに同化する潮州人文化―慈善行為を通しての試論―」
  コメンテーター:  帆刈浩之(沖縄県教育庁文化財課史料編集斑)
15:00 受付終了
(その他) 書籍の展示:  早稲田大学 3号館4階402室前
写真パネル展「横山和江×世界の華人留学生からみる日本のエスニック・タウン」:早稲田大学 3号館4階
控室:早稲田大学 3号館4階406室

3.参加費

研究大会参加費  一般会員・非会員 2,000円、学生会員 1,000円
懇親会費(予定)  一般会員・非会員 4,000円、学生会員 2,000円

※年次大会・懇親会の出欠は、申込書をご確認のうえ、11月14日(金)までにお知らせください。
  日本華僑華人学会2014年度大会参加申込書(word))
※参加費・懇親会費は当日受付でお支払いください。
※大会事務局アドレス:  jssco.2014taikai[a]gmail.com ([a]を@に換えてください)

4.託児所サービス

早稲田大学の託児施設のご案内をいたします。こちらは、早稲田で開催される学会に参加される会員の先生方も利用可能です。詳細につきましては、
  「早稲田大学 学生・教職員用託児室」  および   「利用案内」  をご参照ください。
※お問い合わせ先: 03-3203-4349(担当者:アライさま)
※11月 14日(金)までにお申し込みください(定員あり・先着順のため、お早めにお申し込みください)。
なお、お申し込みの際には、学会参加である旨をお伝えください。

(文責: :八尾祥平 大会実行委員)

トップへ戻る


■学部生報告交流会企画のお知らせ■



研究者を目指す大学院生や研究者にとって学会や研究会は、多くの専門的な知識や刺激・発想を得る場です。しかしその前段階である学部生の時期に、華僑・華人研究を紹介する場や深く知る場、同様の興味を持つ学生との大学を越えた意見交換や交流の機会は限られています。華僑・華人研究には各専門領域における研究調査のみならず、現代日本における多文化共生や多民族化を社会にアウトプットする側面がありますので、日本のマイノリティである華僑・華人やさらには移民、そして多文化共生社会など、キーワードにあふれた現状に興味を持つ学部生に知的刺激の場を設けることは、学会としてひとつの挑戦です。学部生の調査報告会というかたちをとり、テーマや問題の存在に気づき、共有するそうした機会を、インターカレッジ形式の学部生交流を通しておこなう試験的試みを企画しています。

時期: 来年2015年(平成27年)10月下旬の土曜日または日曜日の1日を予定。
場所: ユニティ(兵庫県神戸市西区)を予定。
対象: 学会会員が指導する学部生のうち、華僑・華人になんらかのかたちで関わるテーマに興味をもつ者。
参加: ゼミ単位、または学生個人とそのゼミ教員が原則。
予定プログラム: (1)発表者がゼミ単位あるいは個人単位で、「華僑・華人」「移民」「共生」など、なんらかのかたちで華僑・華人に関わる、あるいは華僑・華人研究を参考にできる研究や調査について報告をする。
(2)それに基づいて総合討論をする。
(3)華僑・華人インタヴューの実施。

実施まで:
本告知に興味を持たれた教員や学部生は、本行事の実施時期をにらみつつ、来年度ゼミ運営のプランを作り、活用していただけますと幸いです。企画委員会は、2015年度前期にゼミがはじまり、それがある程度進んで、担当のゼミのレベルや興味を持つ学生の人数など、本企画に参加ができそうか否かがある程度見えてくる頃――2015年6月に、参加希望者を応募する予定です。申し込みは2015年6月中旬開始、6月末締め切りを予定しています。申し込み状況から、実施可能かどうかを検討します。実施の場合、改めて周知いたします。

本件についての問い合わせ先:
日本華僑華人学会企画委員会 園田節子 メールアドレス:sonoda[a]econ.u-hyogo.ac.jp ([a]を@に変えてください)

トップへ戻る


■黄檗(おうばく)山萬福寺における京都普度勝会見学会の開催について■



2014年度日本華僑華人学会企画委員会企画として、神戸華僑華人研究会との共催で、京都普度勝会ならびに黄檗宗萬福寺の協力を得て、下記の要領で見学会をおこないます。京都普度勝会と萬福寺との連絡で参加人数を把握する必要があります。参加希望者は申込用紙(黄檗山萬福寺における京都普度勝会見学会申込(word))にて記載のメールか郵便送付先に申し込んで下さい。

日時: 2014年10月19日(日)11:00–22:00
場所: 黄檗山萬福寺(京都府宇治市五ヶ庄三番割34)
費用: 実費(萬福寺入山料500円+京都普度勝会への「捐金」500から1000円+交通費など)
当日予定: 11:00 集合 萬福寺の「総門(正門)」前
最寄駅はJR奈良線「黄檗(おうばく)」駅下車、徒歩7分
京阪宇治線「黄檗」駅下車、徒歩7分
11:00- スケジュール説明・園田節子(兵庫県立大学)
京都普度勝会概要・張玉玲(山口県立大学)
11:30- 斎座(京都華僑と「斎堂」にて精進料理の昼食)
14:00-16:30 獅子踊り、出天進表、放生会
18:00- 薬石(「斎堂」にて京都華僑と夕食)
19:30- お経
21:30- 送仏回向
22:00 現地解散

京都普度勝会には9月17日「天燈祭」、10月17日「前夜祭」、18日「本祭第1日目」、19日「本祭第2日目」、20日「後祭」があります。見学会は19日のみですのでそれ以外の行事に興味がある方は各自調整して下さい。

9月17日(水) 天燈祭
14:00- 本堂に須弥壇を設け天王殿に向かって法会を実施。本堂に鬼の像を設置して「地獄の蓋を開ける」。鬼・悪霊が入れるよう、邪気払いの桃を供えない。旗指物と鶴の人形を竿燈石につけて、行事の開催を霊に伝える。冥宅を本堂内に設置し、一か月間置く。
10月17日(金) 前夜祭
19:00- 本堂の庇(ひさし)
10月18日(土) 本祭第1日目
6:00- 「演浄儀」 お浄めの法要で読経
10:00- 「大殿献香」 本尊にお供えし中国風の特殊な読経、華僑の方々が焼香。
11:30- 「怨親平等塔法要」 日中の過去の遺恨を水に流し友好関係を築こうという目的の読経。
14:00- 月台で太極拳演舞
10月19日(日) 本祭第2日目
10:00- 「大殿献香」 本尊にお供えし中国風の特殊な読経、華僑の方々が焼香。
11:30- 「斎座」 斎堂にて京都華僑が精進料理の昼食を採る。
14:00- 獅子踊り、出天進表、放生会
16:30- 琵琶演奏
18:00- 「薬石」 斎堂にて京都華僑と夕食
19:30- 本堂にてお経(2時間)
21:30-22:00 「送仏回向」 冥宅焼き
10月20日(月) 後祭
10:20- 「伽藍堂前供養」 豚一頭が供えられる精進あげ
12:00- 「満散謝茶」  斎堂にてお疲れ様のお茶・食事
14:00- 「補施」 本堂にて遅れてきた霊魂用の最後の供養。豚を分配して終了。

○当日の要領と事前準備について○
1. 現地集合。JR「黄檗」駅と京阪「黄檗」駅から各所に案内板が設置され、非常に分かりやすい道筋です。集合時間までに集合場所である萬福寺の正門前に直接いらしてください。
2. 萬福寺に入る「入山料」各自500円、京都普度勝会への捐金(決まりはありませんが目処として、各自基本500円、斎座や薬石をご一緒するなら1000円)、交通費と宿泊費をご用意ください。
3. 当日の全日程は22時頃終了する「送仏回向」(冥宅焼きのこと)が終われば終了します。終了の点呼は取らず、自由解散となります。
4. 当日夜遅くまで行事見学する方は、ご自身で宿を予約してください。黄檗にはホテルがありません。JR奈良線沿線か京阪宇治線沿線、もしくは京都駅周辺か宇治周辺のホテルを予約されることをお勧めします。10月中旬は京都の観光シーズンではありませんが、ホテルの予約はお急ぎください。

(文責:園田節子 企画委員会委員長)


トップへ戻る


■2014年度日本華僑華人学会研究大会 第1回サーキュラー■


開催概要

(1) 会場
実施:  2014年11月29日(土)・30日(日)
会場:  早稲田大学早稲田キャンパス(会場の詳細は後日あらためてご案内いたします)
(〒169-8050 東京都新宿区戸塚町1−104)
 交通アクセスはこちらをご参照ください。
最寄駅:地下鉄東京メトロ 東西線 早稲田駅下車、徒歩5分
          地下鉄東京メトロ 副都心線 西早稲田駅下車、徒歩17分
          JR山手線 高田馬場駅下車、徒歩20分
          都電荒川線 早稲田駅下車、徒歩5分
          都営バス 早大正門前停留場下車、徒歩1分

(2) プログラム

11月29日(土)
10:30-12:00 理事会(会場については後日改めてご案内いたします)
12:30 受付開始
13:00-17:00 開催校企画シンポジウム:  「華人とは何か?-華人3世・2世・1.5世からみる在日華人性の変容と多様性」
  司会:  楊立明(早稲田大学)
  パネリスト:  陳來幸(兵庫県立大学)、陳天璽(早稲田大学)、一般の華人子弟3名
  コメンテーター:  杉村美紀(上智大学)、山本須美子(東洋大学)、佐々木てる(青森大学)
17:30-18:00 総会
18:30-20:00 懇親会

11月30日(日)
10:00-12:00 研究発表(発表20分、質疑応答は10分)5名程度募集
13:00-16:00 分科会

(3) 参加費
研究大会参加費 一般会員・非会員 2000円、学生・優待会員1000円
懇親会費(予定)一般会員・非会員4000円、学生・優待会員2000円
    ※年次大会・懇親会の出欠は、第2回サーキュラー(10月発行予定)に添付の申込書をご確認のうえ、10月27日(日)までにお知らせくださいましたら幸いです。

*参加費・懇親会費は当日会場でお支払いください。

(4) 発表者の募集
大会実行委員会では、本年度大会において個人もしくは分科会として研究発表を行う会員を募集いたします。以下の応募要領をご確認のうえ、発表を希望される会員は、研究発表申込書を下記の申込先にご提出ください(できるかぎり電子メールでお願いいたします)。
2014年度大会研究発表申込書(分科会用)(word))
2014年度大会研究発表申込書(個人用)(word))
なお、実行委員会といたしましては、できる限り多くの分科会を開催できればと考えておりますが、時間制約のため枠に限りがございます。ご希望に添えない場合は何卒ご容赦ください。

*発表資格
一般発表、分科会発表を問わず、発表有資格者は2013年度の会費を納入済みの当学会会員に限ります。

*発表形式
個人発表は30分(質疑応答を含む)を目安とします。
分科会発表は、全体が2時間30分以内に収まるようにお願いいたします。コメンテーターも含めて6名以内で構成してください。使用言語や分科会内での時間配分は自由です。

*応募期日
2014年8月31日(日)

*申込先・問い合わせ先
日本華僑華人学会2014年度大会実行委員 八尾祥平
〒162-0041 東京都新宿区早稲田鶴巻町513 120-4号館3階 305号室
早稲田大学アジア研究機構 八尾祥平
メールアドレス:jssco.2014taikai[a]gmail.com([a]を@に換えてください)
    メールにて申込あるいは問い合わせのある場合には、件名に「2014年度大会発表申込」と記してください。
    ※メールにて応募された方には、折り返し確認メールをお送りいたします。
 万が一返信がない場合は、未着の可能性がありますので、再度ご送付をお願いいたします。

*応募に当たっては、以下の情報をお知らせください。
    (a) 所属・氏名・一般会員/学生・優待会員の別
    (b) 連絡先メールアドレス
    (c) タイトル(仮題も可)
    (d) 概要(2,000字程度)

(文責:楊立明 大会実行委員長)


トップへ戻る


■2014年度日本華僑華人学会研究奨励賞(論文部門)候補作推薦のお願い■


2014年度日本華僑華人学会研究奨励賞の募集は、4月25日に開催された理事会決定により、下記の通り実施されます。たくさんの会員からのご推薦(自薦/他薦)をお願いいたします。
なお、締め切りは6月30日(月)(消印有効)です。ご注意ください。応募用紙は学会ホームページからダウンロードしていただけますので、ホームページの方もあわせてご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1.若手の本会会員の研究成果の中から、毎年優秀な著作(単著に限る)を原則として1点選び、日本華僑華人学会研究奨励賞を授与する。

2.偶数年度は選考年度の前2年度に公刊された論文(雑誌論文、共著作の中の単著論文、刊行時に満40歳未満の会員の著作)を、奇数年度は同様に前2年度に公刊された単行本(刊行時に満45歳未満の会員の単著)を対象とする。2014年度においては、2012年度と2013年度(2012年4月1日より2014年3月31日)に公刊された論文が選考対象となる。

3.日本華僑華人学会研究奨励賞に選考された著作の著者を年次大会で表彰し、表彰状と副賞(5万円)を授与し、作品名・要旨を本会会誌及び学会ホームページに掲載する。

4.日本華僑華人学会研究奨励賞は、理事会内に設ける日本華僑華人学会研究奨励賞選考委員会が、自薦及び他薦に基づいて候補作品を選び、理事会において決定する。ただし、本学会の会誌である『華僑華人研究』に掲載された論文については、刊行時に40歳未満のものは、自動的に審査に付される。

5.一度受賞した会員は、再度同じ部門(論文で受賞した場合は論文部門、単行本で受賞した場合は単行本部門)では受賞の対象にはならない。論文で受賞した著者が単行本で、あるいは単行本で受賞した著者が論文で応募することは可とする。但し、単行本で受賞した後応募する論文が、単行本の内容の一部である場合は対象外とする。

つきましては、下記の通り、本会会員の皆様から2014年度の研究奨励賞候補作品の推薦を受け付けます。


1.推薦対象の著作
2012年4月1日から2014年3月31日までに発行(奥付けによる)された本会会員の論文(雑誌論文、共著作の中の単著論文)とする。なお、ここで会員とは、2013年度の年会費を納入済みの会員とする。公刊時に満40歳未満の会員による著作であることが条件である。本学会以外で既に受賞した作品、あるいは現在応募中の作品であっても、応募可能。

2.推薦の方法
他薦または自薦

3.推薦に必要な提出物の内容
ア)2014年度日本華僑華人学会研究奨励賞応募申請書(word)
イ)応募著作
ウ)参考著作(あれば、ただし2点以内)

4.提出物の送付先
〒651-2197 神戸市西区学園西町8-2-1
兵庫県立大学 経済学部 陳來幸研究室気付
日本華僑華人学会研究奨励賞選考委員会
chin[a]econ.u-hyogo.ac.jp([a]を@に換えてください)

応募は、電子媒体のみでも可。ただし、何らかのトラブルでメールの不着の危険性も排除できないので、郵送もされることを推奨する。メールの不着によって審査に付されないことがあっても、委員会は責任を負わない。
応募書類、応募著作や参考著作が現物あるいはハードコピーである場合には、単行本以外は5 部を郵便で送付すること。単行本については、1 部で構わないが、提出後、選考委員の間で、手持ちがあるかどうか確認し、持っていない委員がいる場合には、著者に連絡するので、必要部数を指定された宛先に送付されたい。電子ファイル以外に現物やハードコピーの双方がある場合には、電子メール送付時に、別途郵送物があることを明記すること。
提出物は原則として返却しない。ただし、単行本は学会が定価の8掛けで購入し、後日代金を支払う場合がある。

5.提出物の提出締切
2014 年6月30日(月)消印有効

6.選考結果の通知・授賞式
選考の結果、授賞対象者に決定した者には、10月中旬頃に結果を通知する。授賞式は、11月29日開催の研究大会(早稲田大学)にて執り行うので、ご出席いただきたい。

2014年4月25日
   研究奨励賞選考委員会
(文責: 陳來幸 研究奨励賞選考委員長)


トップへ戻る




ホームページ管理者からのお願い
 
 本ホームページでは、会員の皆様に役立つさまざまな情報を掲載していきたいと考えています。
 例えば、会員の皆様が最近発表された著作や論文、自らのホームページの紹介、所属の変更、集会・エベントの開催など、さまざまな情報を管理者koho.jssco[a]gmail.comまでお知らせください。([a]を@に換えてください)